デメリット

メリットの反面、デメリットがあるのも留学です。まずは費用がかさむことです。生活費の安い途上国を選べば抑えることも可能ですが、先進国は物価が高いことも多く、また留学生のアルバイトを禁じている国もあるので莫大なコストがかかることもあります。この点については、渡航前に現地の情報をなるべく多く調べ上げ、見通しを出来るだけ正確なものにして下さい。滞在先に行ってみたら意外とお金がかかり資金が底をつくのはよく聞く話です。

長期間母国を離れることにより、浦島太郎のような帰国後の不適合感を得ることも少なくありません。滞在先の生活に慣れると言うことは常識を刷新することでもあり、それは感覚的な部分も大きいので、再度母国に馴染むのに時間がかかります。不在の間の経験が抜け、そこから得られる同国人としての共感を取り逃がすことも拍車をかけます。滞在先でも母国のことを忘れず、ニュースを見るなど情報収集に努めて下さい。家族や友人との連絡を絶やさないのも大事なことです。

海外は治安の良くない場所も少ないとは言えず、現地で外国人を狙った強盗・恐喝・空き巣などの被害も報告されています。出来るだけ危険な地域は避けましょう。どうしても行かねばならない場合は細心の注意を払って下さい。また安全と言われる場所でも気を抜いてはいけません。後ろ盾もなく風習も熟知していない外国人は狙われやすいのです。